世界時計 in UO


  • Baja,Napa Valley,Origin,Sonoma

  • Great Lakes,Lake Austin,Lake Superior

  • Atlantic,Catskills,Legends,Siege Perilous

  • Drachenfels

  • Europa

  • Asia
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

内装

2017年3月21日 (火)

うれしいひな祭り

Ws000522

今更感が満載ですが、今年はひな人形を出しましたcatface

Ws000520

4月に入ったら、しまおうと思います・・・sweat02

過去記事

お雛様を出しました。

お雛様 その後

 

2017年3月20日 (月)

教会内装

Ws000514

有料アイテムのウェディングパックを買いました。

白い可愛いアイテムに、悶絶し、鼻血を流しながら内装しましたheart04

せっかくなので、教会風のカスタマイズをしてみました。

Ws000518

建築物としての教会堂の基本は抑えました。

上の図の通り、十字にしています。

Ws000519

そして「修道院の鐘」

いつもの通り、細かい作りこみは苦手なので、ゴシック建築にあるような尖塔がまずちょっと私には無理でした・・・

残念。

リアルの模倣ができなかったので、ほほわっとした内装になっちゃいました。

「薔薇のステンドグラス」と回廊のアーチで、教会っぽさを表現できたかなと思います。

 

Ws000516_2

追記

植物のアーチも追加してみました。

Ws000521

このパッケージは「内装素人でも、綺麗に仕上げられる素敵なアイテム」であると、

誓って、断言できますheart04

2016年10月20日 (木)

ハロウィン内装 その後

Ws001646

ちょっと、だけ内装に手を入れました。

Ws000143_3

ジャイアントカボチャに目玉をつけて、

Ws000144_3

自分の骨を吊るしました。

Ws000147

それと、謎の骸骨標本。

Ws000146

いつまでも未完成ですが、それもまたよいですね。

Ws001630

Ws001633

Ws001637

Ws001641

2016年10月 8日 (土)

ハロウィン内装

Ws000002

トリトリに飽きてきたので、ちょっと遅くなりましたが、ハロウィン内装をはじめました。

Ws000006

Ws000005

クリスタル&シャドウのパーツを使って、ちょっとシックな感じ。

・・・

過去のハロウィン内装はこちら

2014年10月26日 (日) ハロウィン内装にしてみました。

2013年10月 3日 (木) ハロウィン内装 2013

2012年10月24日 (水) ハロウィン内装 やっつけ仕事編

 

2016年6月22日 (水)

中世の生活 書写室

Ws004141

ウルティマストアで「木の本棚」が購入できるようになりました。

アイテムの入れ替えで本のグラフィックが変わる成金仕様が素敵ですheart04

いままでセットでしか買えなかったので、どうしてバラ売り時代に買っておかなかったのかと

散々後悔したものでしたcrying

現在のストアには、いまだにソブリンの値段がおかしいなど、一抹の不安はあるのです。

あ・る・の・で・す・がッ!

即効課金しましたshine

わくわくしながら、大人買。

860円で本棚5本というのは、高いのか、安いのか・・・

「圧倒的に安いっしょっ!happy02」と、脳内でヒャッハーしながら買いましたheart01

Ws004143

本棚って、↑のように、セキュアとしての性能には難ありですdown

正直に申し上げて・・・セキュアとしての機能を捨てた結果、

見た目美しい図書館に仕上がりましたheart04

愛とは、後悔しないこと。。。そんな格言が脳裏をよぎります。

今回、書写内装にも少しだけ手を入れました。

Ws004142

修道院で作られたワインを飲みながら、ひたすら聖書を書き写していた修道僧たち。

その気の遠くなるような作業に思いを馳せるとき、ロマンを感じます。

ソーサリアでは一瞬で書き写すこともできますが、このような書写用の机を持つのもまた

一種の懐古趣味でいいですよね。

 

 

2016年6月 5日 (日)

機能美と生活感のはざまで・・・

Ws003437

私が最初に住んだ家は、フェルッカの小さなSSTでしたcatface

その時に教えてもらったのが、メタルチェストを使ったセキュアだったので、

今でも懐かしく、大好きな内装アイテムです。

こうして重ね置きして、アイテムを整頓するのにチェストはとっても便利なのですが、

何をどこにと説明するのに、とっても不便sad

そこで、部屋右側には、セキュアと一緒に象徴的なアイテムをロックし、

一種のラベリングをしました。

これはわかりやすくて、機能美すら感じるのですが、

ソーサリアライフを営むにあたっては、ちょっと味気ないかな?

Ws003438

一昨日、ムーンストーンクリスタルを2個入手したことで・・・

例のシンメトリー病がでてしまい、左右対称にしたくてしたくてたまらなくなりました。

なんかオークションハウスとか、お店の内装っぽい感じですが、

意外にも生活しやすい住居環境になったので、しばらくこのままで行こうと思います。

Ws003439

 

2015年9月27日 (日)

メローでシャビーな。

Ws002770

Essence Of A Nascent Time Gateを入手したので、ちょっと内装に手をいれました。

Wクリックすると、魔法のゲートが開く音がして、

どこかへアッシャーインされそうな不思議アイテム。

Ws002771

グラフィックとしては、ドーン女王就任記念のアレと一緒ですが、

このシャビー感が素敵だなheart01と、思いました。

Ws002769

力ずくで、女子力を出してみた(`・ω・´)

ちょっとスモーキーな色合いのコーデになりました。

ピンクとグレイは、ホント素敵heart04

なんだか、ほっとするというか、落ち着きます。

自分自身のパーソナルカラーがサマータイプなので、無意識にサマーカラーで合わせてしまうようですsmile

シャビーでメロウなイメージの内装になりました。

中央のローズラグが、どうしてもクラシックハウスとは馴染まないのが残念ですが、

そこに女子力が集結しているような気がするので、我慢、我慢・・・

・・・

写真を撮って、後から見返すと、

中庭の薔薇多すぎ!とか、

植木鉢はもうちょっと減らしてもいいんじゃないか!とか、

後からどうしても手を入れたくなるんですよねbearing

おまけに、シンメトリー病という、対にしないと気が済まないという

しょうもない癖もあるので、なかなか完成しないのです・・・

Ws002772

最後に。

以前、トイレがないことを指摘され、気にはなっていたので、とうとうつくりました。

ドアなんてどうすればいいの??というわけで、木彫りの屏風。

ソーサリアの住人は、みんなそんな細かいこと気にしないからいいよねhappy01

2015年7月27日 (月)

中世の生活 貴族の食事風景-宴会-

ルネサンス以前、

中世のヨーロッパにおいて、食器にはフォークはなかったそうです。

食事のナイフは自前。(このあたりが、初期装備にナイフが入っている所以なんでしょうか?)

スプーンはもてなす側が用意。

みな、自分用のナイフ、スプーン、手を使って食事をしていました。

食事は手を使って食べるので、食事の前と後に、従僕が水差しと洗面器とタオルを運んでくれました。

Ws000351

当時の基本的な料理は「肉や魚の料理」「パン」「ポタージュ」

Ws000352

肉や魚は大皿で各テーブルに運ばれるので、取り分けてもらった後、

各人がトレイをまな板のように使って、料理を切っていただきました。

パンは当時はとても固く、調理を配る皿としても使われていましたし、

皿の肉汁をふき取るためにも使っていました。

野菜と肉でつくる濃厚なポタージュは木の椀に注がれました。

また、生水は大変危険でしたので、薄めたビールなどが通常の飲み物でした。

毎日、一人当たり、1リットルを超える量で飲まれていました。

飢饉の時には、パン以外に麦を使うことが禁じられたので、リンゴが豊富な地域では、

ビールの代わりにリンゴの果汁を発酵させた醸造酒がつくられました。

ワインももちろん当時から飲まれていました。

Ws000350_2

当時の高級品は「塩」でしたので、上座の席には塩皿が置かれ、ふんだんに使えることが

ステータスでした。

宴会の最後には、砂糖とアーモンドペーストで作られたサトルティがふるまわれました。

サトルティとは、狩りの場面や、神話上の生物などが砂糖とアーモンド・ペーストで精巧に作られた、

目にも楽しいお菓子だったようです。

一方、庶民の日常の食事は、野菜・豆類・少量の肉のポタージュと、それに浸して食べるパンが中心でした。

当時の食事はキリスト教の考え方が反映されていたので、

神のいる天に近いものが尊い食材で、低いところ、特に地中の食材は軽蔑されていました。

動物では空を飛ぶ鳥が尊ばれ、タマネギ、カブなど地中のものは、下位とされ、

庶民は主に下位に属する食材を食べていました。

・・・

今回、中世騎士の服装を調べていたら、当時の食生活に行き当たり、少しまとめました。

地球の中世貴族の宴会が、ソーサリアでも再現できるのは、とても楽しいですhappy01

2015年5月16日 (土)

中世の生活 その8 修道院とハチミツとワイン

トラメルに城を買い、冗談で修道院内装を始めたところ・・・

思った以上に楽しくなってきましたheart04

開始当初、

修道院のような色味の少ないJimmyな内装なんてすぐに飽きるだろうと思っていたのですが、

飽きる気配がありません。

フェルッカの城のテーマ「貴族の居館」と同じで、中世のリアルの追及というのは、

ソーサリアと馴染みがいいのですhappy01

棲み分けとしては、

フェルッカの城は、譲り受けた大事な物件なので、本宅。

トラメルの城は、レセプションというか、フロントのような場所になるのかな。

見せる内装なんてとてもできないので、テーマで誤魔化そうと思います(*´∀`)

Ws000016

Ws000017

内装用装備もできたことなので、全体を見ながらダラダラ内装再開です。

Ws000018_2

Ws000020

Ws000022

Ws000019_3

昨年?のデブミで、ワインセラーが追加されると聞いたような気がするのですが、

ついでにワイン貯蔵用の横向きの樽も欲しいなぁと、思いました。

あとは、ブドウを絞るための器具も・・・

Ws000021

ブドウ踏みは、おじさまでなく、うら若き女子希望ですheart04

2015年5月14日 (木)

中世の生活 その7 修道院 Monastery

Ws000001

「修道院を城で可能かも?」と思い、必須パーツを調べました。

聖堂church 礼拝堂chapel、住居houses、厩舎stables、炊事場kitchens、作業場workshops、 

ブドウ畑vineyard ブドウ醸造所winary、診療所infirmary、瀉血用の住居a special house for bloodletting 

城には回廊もついているし、つくづく修道院向きの建物だと思いますhappy02

実際にソーサリアに存在する修道院エンパス・アビーに、メモを撮りに行ってきました。

Ws000002_2

Ws000007

Ws000004

Ws000005

Ws000003

Ws000006

中世貴族の居館の再現もワクワクしたものですが、

暗黒の中世修道院もなかなか想像力が刺激されます。

季節は春ですしね(*´∀`)

新しい事にトライしてみたい衝動に駆られています。

Ws000003

Ws000005

Ws000001

Ws000002

Ws000006

Ws000007

Ws000004

さっくりと場所を振り分けただけなので、これからしっくり来るまで改装は続きます。

ワインの醸造所は一番のお楽しみですheart01

より以前の記事一覧