世界時計 in UO


  • Baja,Napa Valley,Origin,Sonoma

  • Great Lakes,Lake Austin,Lake Superior

  • Atlantic,Catskills,Legends,Siege Perilous

  • Drachenfels

  • Europa

  • Asia
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月 6日 (火)

宴あと

Ws000014

匠フェスの褒章をいただきましたhappy02

Ws000012

背徳のランタンがもう一種でたらコンプです。

ランタンも光って美しいのですが、彫刻も光るアニメーションがついていて、

ちょっとお得感がありますねconfident

Ws000015

今回のプレゼントボックスですが、箱の外にまでものを置けてしまうみたいです。

便利なような、いらないような、謎の機能ですcoldsweats01

 

2016年12月 4日 (日)

Artisan Festival

House1

ソーサリアにも冬がやってきました。

例年のことですが、ハロウィンの後の降臨節シーズンまでが

あっという間に過ぎてゆきますね。

さて。

12月1日から、匠のフェスティバルが始まりました。

第一日目はブリテインから開始でした。

Ws000230

小さな木になったのが、2日目の朝方。

年末進行ということで、瑞穂は少しスロースターターsweat02

思い立ってブログを巡回してみれば、ほかのシャードの方にまで、

瑞穂は大丈夫かとご心配をおかけしていました・・・

@反省

Xmastree

私の本気納品は土曜日の午後スタートでした。

なにがなんだかだったので、

闇雲に小口の高級色バルクばかりこなしていたのですが、

お友達に、「大口のほうがいいよheart01」と教えてもらい、

数年ぶりに、大口バルクをつくりました。

青ルニバルクや、金ルニバルク、Hルニバルクなどなど。

ただ、がむしゃらに作成し、納品し、たまにはほかのシャードの様子を見学したり。

 

恐らく初回の街の状況が、この後の街の納品にも影響すると思ったので、

なんとしてでも、よいタスキを回さなければと、勝手にプレッシャーを感じるわたし・・・

それはミエラさんも一緒だったようで、やったことのないバルクを、必死にやっていましたcrying

慣れない作業をわたしたちがノロノロこなしている間にも、生産の鬼のような方たちが

バンバン納品していってくださったようで、大きな木は、オーナメント付きの木に変化し、

あとは、トップに輝くベツレヘムの星を待つばかりとなりました。

Xmastree_2

最終日、アトラン、出雲に引き続き、とうとう、瑞穂にもベツレヘムの星が輝きました。

これで、納品した人全員がプレゼントをもらえるので、本当によかったですheart04

 

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »