世界時計 in UO


  • Baja,Napa Valley,Origin,Sonoma

  • Great Lakes,Lake Austin,Lake Superior

  • Atlantic,Catskills,Legends,Siege Perilous

  • Drachenfels

  • Europa

  • Asia
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« メサナさんとミスクさんてご夫婦なの? | トップページ | 侵攻イベント用の子 »

2013年11月 9日 (土)

犯罪フラグまとめ

赤ネームやグレイネームに当たる攻撃→SPMのWW、武士道のモメンタム、武器のエリア攻撃、エリア魔法

青ネームNPCに当たる攻撃→武器のエリア攻撃

「攻撃フラグ」は、最後の攻撃からリアルタイムで2分経過すれば解消する。

最後の攻撃は、2者間のどちらかの攻撃。

うっかり赤ネームさんを攻撃してしまったら、インビジアイテムで速やかに消え、2分待つ。

なお、サーバー境界線を越えてもフラグは消えない。

・・・

フラグシステム(殺人/犯罪フラグ)

フラグシステムはプレイヤー間の戦闘を統制することを目的としたシステムです。

このシステムによって、あるプレイヤーがフェルッカにおいて経験の乏しい者や法を守る人々を殺したり、あるいは彼らから盗みを働こうとする前に、よく考え直すことになるでしょう。

NPCやモンスター、動物を含む全てのキャラクターはその立場にそった色分けがされています。

この色分けは彼らの名前の色として表されています。

また戦闘モードで彼らの上にマウスカーソルをあわせたときにも同様にその色が現れます。

•青色 - 普通のプレイヤー / 善良なNPC

•灰色 - 犯罪者や攻撃者 / 一般的な動物や中立的なモンスター

•赤色 - 殺人者 / 凶暴なモンスター

•緑色 - 同じギルドのメンバー

•橙色 - 敵対ギルドメンバー、敵対派閥のメンバー

•黄色 - 無敵属性を持つキャラクター (ショップのNPCなど)

•紫色 - スタッフなど

犯罪者:グレイネーム

犯罪者ブリタニアの市民は彼らの身を犯罪から守る術を持っています。犯罪行為と判断される行動としては、次のようなものが挙げられます。

•他のプレイヤーやNPCからの窃盗

•青色のプレイヤーまたはNPCへの攻撃 (青色のプレイヤーが雇用しているNPC、またはペットも含む)

•召喚生物やペットなどによる青色のプレイヤーやNPC等への攻撃

•死体からのルート行為 (死体が犯罪者、殺人者、敵対ギルドのメンバー、シーフギルドメンバーの場合は除く)

•殺人者や犯罪者に対するポジティブな行為 (回復や解毒、蘇生など)

もし、あなたに犯罪者のフラグが立ったとしたら、あなたは灰色にハイライトする事になります。

街の衛兵(Guard)はあなたを見るなり即刻処刑にかかりますし、青キャラクターはカルマへの影響を心配せずにあなたを攻撃する事が出来ます。

犯罪者フラグは数分で消えますが、消えるまではNPCのヒーラー(Healer)や徳の神殿のアンクから蘇生の恩恵を受けることはできません。

攻撃者

犯罪者や殺人者を攻撃する事は違法ではありませんが、彼らがいわれの無い攻撃に対して身を守る事もまた犯罪ではありません。

戦いにおいて最初に攻撃した人物が、その戦いにおける攻撃者と見なされます。

そして、攻撃された側はカルマへの影響を心配する事なしに如何なる攻撃者からも自身の身を守る事が出来ます。

ですから、もしあなたがSheilaという殺人者に攻撃され殺されたのであれば、彼女のカルマは減り、あなたは殺人報告をする事が出来ます。

しかしながら、もしあなたが攻撃を仕掛けて、彼女があなたを殺したのであれば、あなたは殺人報告をする事が出来ません。

なぜなら、あなたが攻撃者だからです。

戦いはどちらか一方が死亡するまで、または最後の攻撃から約2分間経過するまで継続すると見なされます。

もし、あなたが2分以上戦いの手を休めたのであれば、どちらの側も一方が新たな攻撃を開始しない限り攻撃者と見なされる事はありません。

以上、公式サイトより引用

・・・

追加効果 〈属性〉 エリア:n% (旧:Area 命中)

〈属性〉にはpoisonなどの属性表示が入る。

攻撃ヒット時にn%の確率で攻撃対象を中心とした範囲攻撃を行う。

エリアの中心が自キャラではない点に注意。

エリア攻撃の属性は武器自体の属性配分と無関係に、エリア効果の欄に表示された
属性100%になる。(Poisonエリアなら毒100%)

攻撃対象そのものにはエリア攻撃が当たらずに本来の武器ダメージだけ入るので
タイマンの時は害もなければ益もない(発動しても2回ダメージが入るわけではない)。

但しエリアは発動する度に再アタック宣言と同じ扱いになるため、PMやフォースアローと
併用する場合や、一部のカウンター能力を持つNPCと戦う場合は相性が悪い。

エリア攻撃の威力は(発動時の第一ターゲットに与えたダメージ/2)となる。

実際に与えたダメージに依存するため、特効やEoOでダメージが増加していれば
エリア攻撃の威力も上がる。

攻撃範囲は攻撃対象から4歩の位置まで。距離はエリアの威力に影響しなくなった。

術者ではなく攻撃対象がエリアの中心になることに注意。

また、エリア攻撃は使用者から視線が通らない位置(壁の向こうなど)の対象と インビジなどで隠れている対象には当たらない。

以上、毒剣さんより引用

・・・

« メサナさんとミスクさんてご夫婦なの? | トップページ | 侵攻イベント用の子 »

瑞穂での暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567970/58539812

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪フラグまとめ:

« メサナさんとミスクさんてご夫婦なの? | トップページ | 侵攻イベント用の子 »